March 30, 2010

福岡韓国語教室 チヂミパーティ

5ca0b3f8.JPG

■2010,3,21(日)

■福岡韓国語教室 チヂミパーティ

福岡の韓国語教室も約半年が経過した。小学生のO君も卒業して、4月からは中学生になる。頭脳が一番柔らかいから、上達も早かったですね。

薬院事務所は、残念ながら3月で閉講する。それで、最後にチヂミパーティを計画したのである。作ってくれるのは、久留米教室の講師の金さんである。彼は韓国家庭料理の店でバイトをしているだけに、作るのが上手いのだ。

薬院教室のジョさんは・・・?(苦笑)

飛び入りの私も、チヂミ作りに挑戦しました。金さんほどではありませんが、何とか焦がさずに焼き上げることができました。ヨカッタヨカッタ!

Oさん親子は、別に「たこ焼き」を作るために準備をしてくれていました。焼くのはジョさんでもできるはず・・・だけど、竹串でたこ焼きをひっくり返すのに苦労してましたねぇ〜

少々形は悪くなっても味は大丈夫です。Oさんがしっかり準備をして、下味を作ってきてありますから(笑)

福岡韓国語教室は、4月から場所を公民館に移して継続します。受講生の皆さんには大変ご迷惑をおかけいたします。ミアナムニダです。

  続きを読む

Posted by easia at 15:21Comments(0)TrackBack(0)

January 16, 2010

韓国語・久留米教室 合同忘年会

13b6fea8.JPG

■2009,12,25(金)

■韓国語・久留米教室 合同忘年会

24日に引き続き、今度は韓国語・久留米教室の合同忘年会に参加しました。久留米教室は、水曜日の19:00と土曜日の9:30に教室を開催しています。全員参加にはなりませんでしたが、本町4丁目の韓国家庭料理の店「ウジン」で合同の忘年会を行いました。

韓国語教室受講生は、女性の方が圧倒的に多いので私も引っ張り出されるのです。でも、韓国料理も大好きなので積極的に参加しています。チャミスルも呑めますし・・・(笑)

金曜日といっても仕事の都合で、皆さんなかなか揃いませんで心配しましたが、予定より少し遅れたくらいで始めることができました。料理も美味しいので、ビールもチャミスルも進みます。あっ!明日も教室ありますよ!念のため。

 

  続きを読む
Posted by easia at 01:19Comments(0)TrackBack(0)

January 15, 2010

韓国語・福岡(薬院)教室 クリスマス会

dd3baad6.JPG

■2009,12,24(木)

■韓国語・福岡(薬院)教室 クリスマス会

12月24日(木)に、韓国語・福岡(薬院)教室でクリスマス会が行われた。私は、久留米で中国語の教室があっていたのだが、クリスマス会ということで、ケーキを持参し参加した。

始まりの1時間は、学習をします。内容はクリスマスにちなんだ歌をなりました。クリスマスの定番であるジングルベルをハングルで歌います。私は韓国語がわからないので、ジングルベルのところだけを歌いましたが、ジングルベルも韓国語で発音しなくてはならなかった。・・・みたい?(苦笑)

講師のジョさんが、張り切って歌っていました。クリスマスだからか?テンションが高い!いや、この後のパーティーでの食べ物に期待しているんだろうなぁ〜・・・(爆)

ごらんの通り、手作りのキムパッなどテーブルにたくさん並びました。美味しかったぁ〜!ビールも旨い!

 

 

  続きを読む
Posted by easia at 00:50Comments(0)TrackBack(0)

August 01, 2009

韓国語教室1「大内さん送別会」

ac1fb4be.JPG

■2009,6、27(土)

■大内さん最後の韓国語教室

■NPO東アジア交流学院・久留米教室

6月最後の教室では、唯一の男性受講者である大内さんが最後の授業に参加された。彼は勤務する会社の合理化により、転勤されるのである。百年に一度の未曾有の不況とはいえ、企業の縮小・撤退が身近に感じられる出来事である。

つい先月、一緒に「幻の鉄の王国伽耶と新羅の旅」で韓国を訪れたことが思い出される。唯一の男性受講者である彼が、転勤とはいえ非常に残念なことである。彼自身も甲府への転勤を決断するまで、ずいぶんと逡巡したようである。

韓国語教室の授業もそこそこに、転勤で行く先の山梨県甲府の話で持ちきりとなった。先週に甲府を訪れ、住まいを決めて来られたと報告された。

  続きを読む
Posted by easia at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

July 10, 2009

初級中国語・韓国語教室 福岡(薬院)教室のご案内

7235288e.JPG

■2009,7,9(木)

■初級中国語・韓国語 福岡(薬院)教室のご案内

NPO東アジア交流学院は、2004年5月に特定非営利活動法人(NPO法人)東アジア交流学院として久留米で発足しました。そして、古代史の歴史講座や中国・韓国への青少年交流の旅など数多くの事業を展開してきました。現在、古代史や近現代史を中心とした公開講座や中国語・韓国語などの語学教室、馬頭琴・中国剪紙などの文化交流教室を開催しています。

今後、東アジア地域での交流が広がり深まることをふまえて、福岡市に新たに事務所を開設しました。福岡事務所は、西鉄薬院駅から徒歩1分という交通利便のよい場所にあります。つきましては、NPO東アジア交流学院主催の中国語・韓国語教室(いずれも会話が中心)での語学習得や文化交流に参加される方を募集しています。

これを機会に、中国や韓国に興味・関心をもってある方が多数参加されることを期待します。

   NPO東アジア交流学院 学院長;内倉 武久

●概 要;

■初級中国語教室;月4回・毎月火曜日開催(第5週は、原則休み)

   時 間;18:30〜20:20(50分×2)

   講 師;顧 紅英(久留米大学・大学院博士課程)

■初級韓国語教室;月4回・毎週木曜日開催(第5週は、原則休み)

   時 間;18:30〜20:20(50分×2)

   講 師;帖ゞ箏鼻糞徇永涜膤悄β膤惘―せ硫歡)

※費 用;4,000円/月(6ヶ月分前納)

※募集人員;12人(少人数学習)

※連絡先;特定非営利活動法人(NPO法人)東アジア交流学院事務局

 〒810−0004 福岡市中央区渡辺通2−4−20 パール福岡705号

 E-mail;higuetado@yahoo.co.jp または、このブログのコメントへ

 

  
Posted by easia at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

June 30, 2009

韓国語教室 料理教室

e20d692f.JPG

■2009,4,18(土)

■食文化に触れることで、語学上達を・・・

土曜日に行っている韓国語教室で、料理教室を開催した。語学習得には、言葉の学習だけでなく、このようなその国の食文化などに触れることで、より上達できると考えている。もちろん教室の受講者にも好評だ。(自画自賛)

今回は、講師のジョさんの知人の李さんに来ていただいた。ジョさんは残念ながら料理が苦手なんです。教室でもコーヒーメーカーで入れるコーヒーもよく溢れさせる名人なんです。(苦笑)

今回の料理は、受講生の方が家庭で簡単に作れるキムチとナムルです。キムチは、キュウリや大根などの野菜と、唐辛子などの調味料があれば簡単に作れます。ナムルは、ほうれん草やもやしをゆでてごま油などで味付けをします。

料理教室の楽しみは、作った後にみんなで食べることです。韓国語の受講をしていない私も参加させていただきました。(笑)

  続きを読む
Posted by easia at 20:02Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2009

初級中国語・韓国語教室のご案内

54dda5ef.JPG

■2009,3,25(水)
初級中国語・韓国語教室のご案内
当、東アジア交流学院は、2004年5月に特定非営利活動法人(NPO法人)東アジア交流学院として発足しました。古代史の歴史講座や中国・韓国への青少年交流の旅など数多くの事業を展開して来ました。

現在、古代史を中心とした公開講座や各種語学教室を開催しています。今後、東アジアでの交流が広がり深まることを考え、特に初級中国語・韓国語教室を拡充し開催しています。

つきましては、NPO法人東アジア交流学院開催の中国語・韓国語教室(いずれも会話が中心)での語学習得や文化交流に参加される方を募集いたします。これを機会に、中国や韓国に関心をお持ちの方が多数参加されることを期待いたします。

●NPO法人東アジア交流学院 学院長;内倉 武久

▼▼▼概要▼▼▼



f8e4df39.JPG 初級中国語教室1

■開 催;月4回・毎週金曜日開催(第五週は休み)
■時 間;19:00〜20:50(50分×2)
■講 師;顧 紅英(グ ホンイン)久留米大学・博士課程修了;翻訳業



cae61b0f.JPG 初級中国語教室2

■開 催;月4回・毎週土曜日開催(第5週は休み)
■時 間;13:30〜15:20(50分×2)
■講 師;彭 瑛(ポン イン)久留米大学経済学部学士課程



cf9769f8.JPG 初級韓国語教室1

■開 催;月4回・毎週土曜日開催(第5週は休み)
■時 間;9:30〜11:20(50分×2)
■講 師;? 銀敬(ジョ ウンギョン)久留米大学・大学院修士課程



3eb405b5.JPG 初級韓国語教室2

■開 催;月4回・毎週水曜日開催(第5週は休み)
■時 間;19:00〜20:50(50分×2)
■講 師;安 淳花(アン スンファ)九州日韓文化交流会・韓国語講師



d2946c6c.JPG はじめての韓国語教室

■開 催;月4回・毎週日曜日開催(第5週は休み)
■時 間;9:30〜11:20(50分×2)
■講 師;堀江 真史(ほりえ まさふみ)福岡工業大学・学士課程
●費 用;各教室4,000円/月(6ヶ月分前納)
●募 集;各教室8人(少人数学習)
●連絡先;NPO法人東アジア交流学院・事務局
●住 所;久留米市天神町116 永利ビル2−D 0942−35−2849
●E-mail;higuetado@yahoo.co.jp
※尚、このブログのコメントを利用していただいても結構です。   続きを読む
Posted by easia at 05:18Comments(0)TrackBack(0)

February 17, 2009

再開!韓国語教室

27eca22d.JPG

■2009,2,7(土)

■ジョ銀敬(ジョウンギョン)さん、ファースト授業

先月、朴さんが就職のため帰国し、韓国語教室は休講となった。新しい講師をお迎えしての最初の授業が行われた。当日は、受講生の皆さんも、いつもより早めに出席されていた。・・・のは、考えすぎかな?(笑)

新しい先生は、朴さんと同じ久留米大学の留学生だ。韓国の女性らしく、というのも変だがとてもエネルギッシュである。自己紹介に始まり、初日から会話を中心に学習が始められた。

終了後に受講者に感想をうかがったが、好感の持てる授業でこれからの授業が楽しみだと言うことであった。今後の教室が、受講生の皆さんはもちろんのことだが、講師のジョさんにも楽しみな教室になってくれることを願っている。

  続きを読む
Posted by easia at 02:02Comments(0)TrackBack(0)

February 12, 2009

朴さん送別会

4e09923f.JPG

■2009,1,30(金)

■朴さんの就職祝いと卒業祝いを兼ねての送別会

NPO東アジア交流学院では、拠点を現在の久留米事務所に移してから韓国語教室が始まった。今年で教室も4年を終わろうとしている。その教室の最初からの講師をしてくれていたのが、久留米大学留学生の朴さんである。最初は、慣れていないからと同級生の宋さん、崔さんの3人が講師で、トロイカ体制であった。

半年で宋さんが帰国し、一年後には崔さんも帰国して、その後は朴さん一人で韓国語教室を引き受けてもらった。その彼もいよいよ卒業し社会人となって帰国することになった。・・・まだ、卒業論文が残ってはいるけど・・・(苦笑)

彼は某衣料量販メーカーの韓国法人に就職が決まって、早くも2月から入社して研修付けの日々が始まろうとしている。そこで、帰国を前に彼に韓国語を習った受講生に呼びかけて、就職祝いと卒業祝いを兼ねた送別会を開催した。場所は、久留米の池町川沿いにある、韓国創作料理の「Pリゾート」である。

  続きを読む
Posted by easia at 01:29Comments(0)TrackBack(0)

February 10, 2009

はじめての韓国語教室 「韓国すごろく講座」

8f02203e.JPG

■2009,1,28(水)

■韓国すごろくで楽しむ

当NPO法人東アジア交流学院の語学教室では、語学の習得はもちろんだが韓国文化に接する機会も実施している。今回は、旧正月に韓国の家庭で楽しまれている「すごろく」を安先生が持ってきてくれた。

前半に語学の学習を行って、後半に「すごろく」を受講生みんなで楽しませてもらった。いつものように前半が終わって休憩になると、安先生が「バスタオルを借りていい?」とたずねてきたので何が始まるのかと思っていたら「これから韓国のすごろくをしますね。」だって・・・!

彼女はなんでも突然に始めるから、いつも驚かされてしまう。ずいぶん慣れているつもりではあるんだけど・・・予定変更は当たり前!(苦笑)

ひと通りルールを説明してもらって、「すごろく」を始めた。これが以外に騒がしい。サイコロ代わりの棒が大きい上に重たいのだ。テーブルの上で転がす・・・というより投げ出すと、バスタオルを敷いていてもガラガラとうるさいのだ。

  続きを読む
Posted by easia at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

January 11, 2009

はじめての韓国語教室 「ゲスト講座」

440393ce.JPG

■2009,1,6(火)

■はじめての韓国語教室「ゲスト講座」

2009年最初の韓国語教室は、水曜日の開講予定を変更して火曜日に行った。そのため、急きょゲスト講師授業となった。正月は新年会が多くて、講師の安先生の韓国家庭料理「百済」が忙しくて手が離せないとのこと・・・忙しいのはいいことだけど、教室の受講生の皆さんが待ってるよ(苦笑)

今回は、ソウル近郊にお住まいの崔(チュ)さん權(ゴン)さん夫妻である。ほとんど日本語を話せないお二人ですので、授業はすべてハングルで行われた。時々英語での説明が入ります。(笑)今回、受講生の皆さんたちは、かなり鍛われることになりましたね。

昨日まで韓国旅行をしていたTさんが、一手に質問を引き受けました。受講生の皆さんは、ヒアリングはかなり理解できるのですが、いざ話をするとなると言葉がなかなか出てこないんですよね。外国語を学習するのは、ここのところが一番大変なんです。

  続きを読む
Posted by easia at 10:30Comments(2)TrackBack(0)

December 28, 2008

韓国語教室 親睦忘年会

b268d954.JPG

■2008,12,26(金)

■韓国家庭の味「祐瑱(ウジン)」

NPO法人東アジア交流学院には、もう一つの韓国語教室があって土曜日の午前中に開催されている。この教室でも、講師の朴さんの誕生日と就職祝いを兼ねた親睦忘年会を開催した。今回も受講生の皆さん全員が出席だった。

今回の会場は、韓国家庭料理の「ウジン」である。本町4丁目にほど近い場所にある。店主は、姜淑姫(カンシュキ)さん、釜山生まれでソウル育ちのオモニである。この店は、以前から名前は伺っていた。はじめての韓国語教室の講師である安さんに紹介されていたが、訪れたのは初めてである。

扉を入っていくと、カウンターに知り合いが座っていた。いつも出会いは突然である。韓国料理は別に初めてではないが、どんな料理が出てくるのか楽しみである。それに、またチャミスルも飲めるので・・・(笑)十日前には、大変な思いをしたのが脳裏をよぎる・・・(苦笑)

  続きを読む
Posted by easia at 20:51Comments(0)TrackBack(0)

December 22, 2008

はじめての韓国語教室 「忘年会」

140c48e2.JPG

■2008,12,17(水)

■場 所;韓国料理「百済」

はじめての韓国語教室は、講師の安さんが久留米に開いた「百済」での忘年会で最後を締めくくった。

韓国語教室は、毎週水曜日の19:00から開催している。語学教室であるが、キムチ鍋を作ったり、韓国の民族芸術団と交流したりと幅広い活動を行っている。教室でも語学だけでなく、歴史や文化などその話題は尽きないのでよく脱線して時間が来てしまうこともある。(笑)

講師の安さんは、小学校への国際理解教育での講師としてたびたび招かれてもいる。彼女は、日韓文化交流をテーマに活動をしているが、同時に事業熱も高く、鳥栖・佐賀の韓国料理の店に続き久留米が三店目の出店である。

美味しい本場の焼き肉に舌鼓を打ちながら話も弾みます。当然、ビールもチェミスルもどんどん進みます。(苦笑)したがって、二次会はカラオケで韓国の歌を唄いまくることに・・・(爆)

  続きを読む
Posted by easia at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

February 03, 2008

韓国語教室 親睦会

a459a203.JPG ■新年会兼歓迎会
■2008,1,25(金)

今年も、韓国語教室の皆さんで新年会を開催しました。2月の春節を前に、少し早めの「春節の祝い」です。 今回は、新しく教室に来られることになったY・Kさんの歓迎会を兼ねて行いました。新しい方の加入は、大変うれしいかぎりです。早く教室の雰囲気に慣れて下さいね。それに、韓国語も上達してもらいたいですね。

今回の開催場所は、韓国にちなんで韓国料理にしました。事務所の近くにある「テジパップヤ」さんです。豚肉料理を中心にしたメニューが、食欲をそそっていいですね。期待どおりの味を、堪能させていただきました。カムサハムニダ!  続きを読む
Posted by easia at 15:24Comments(0)TrackBack(0)

September 19, 2007

韓国語教室 朴さんのオモニの料理

2c95533f.JPG■2007,9,18(火)
===オモニの韓国料理を堪能する===

土曜日の韓国語教室講師、朴さんのご両親が当学院を訪れた。朴さんの留学生活を見に久留米を訪ねてきたのだが、実は当学院で韓国語講師をしている様子を見学に来られたのだ。だけどそれだけでなく、朴さんのオモニは、私たちに韓国料理をご馳走しようと、材料持参で訪ねてきてくれたのだ。カムサハムニダ。

韓国の食べ物と来たら、チヂミは欠かせません。事務所に来るなりあいさつもそこそこに、下ごしらえの準備に取りかかられました。事務所には調味料などがないので、指示されるままに買い物に走ります。まあ、こんなことも楽しみのひとつなんですが・・・ 韓国語教室で学ぶ皆さんが、協力を惜しみません。(笑)

当学院の韓国語教室では、語学学習だけでなく韓国料理などを通して、韓国の文化にも触れることができるのも特色の一つです。実際、韓国からの来客も多いので、このような催しを実施することがわりと頻繁に行われています。

朴さんのご両親は、日本語が全く話せないので、教室の皆さんは日ごろ学んだ韓国語でコミュニケーションをとらなければならない。の、はずなんだけど・・・なかなか思うようにはいかないようですね。それでも、オモニが作ってくれた料理を食べながらの交流が進みました。  続きを読む
Posted by easia at 01:21Comments(0)TrackBack(0)

April 08, 2007

中国語教室「高野さん壮行会」

■北京留学「高野さん壮行会」開催
2007,3,30(金)

ついにというか、とうとう当交流学院中国語教室から短期語学留学生を送ることになりました。大変嬉しい限です。そこで、高野さんの健闘を願って、教室の受講生の皆さんと講師の顧先生とで壮行会を開催しました。

高野さんは今年めでたく退職され、長年の夢だったシニア留学をついに実行されました。中国・北京語言大学への短期留学を決定され、本当に羨ましい限りです。この日は年度最後の教室でしたが、1時間の授業で切り上げ「壮行会」を実施しました。

いつもお世話になっている「かくれ家あるじゃん」での壮行会は、いつにも増してにぎやかに盛り上がりました。高野さん自身、初めての留学生活に多少の不安を抱きながらも、これからの留学生活への希望と抱負を語って頂きました。受講生の皆さんも羨望のまなざしで聴き入っていました。

教室を開催させて頂いてる当東アジア交流学院としても、高野さんが思い通りに目的を達成されることを願ってやみません。残念ながら壮行会の画像はありません(呑むことに忙しくて・・・苦笑)が、北京留学の報告をお待ちしています。それでは、高野さんの健闘を祈念して・・・再見!  
Posted by easia at 00:53Comments(0)TrackBack(0)

March 25, 2007

中国語・韓国語教室のご案内

de6a9014.JPG ■初級中国語・韓国語教室のご案内

当、NPO法人東アジア交流学院は、2004年5月に特定非営利活動法人(NPO法人)東アジア交流学院として発足しました。NPO法人としての認定を受ける以前からこれまでに、会員やボランティアに支えられて、古代史の歴史講座や中国・韓国への青少年交流の旅など数多くの事業を展開してきました。

現在、古代史を中心とした公開講座や各種語学教室を開催しています。特に今後、東アジア地域での交流が広がり深まることを考え、初級中国語・韓国語教室を開催しています。語学教室では、会話を中心に語学習得をめざしながら文化交流なども実施しています。

つきましては、当東アジア交流学院開催の中国語・韓国語教室での語学習得に参加される方を募集しています。初めての方が気軽に参加できるカリキュラム・内容です。これを機会に、中国や韓国に興味・関心を持ってある方が多数参加されることを期待します。

NPO法人東アジア交流学院 学院長 内倉 武久

●概 要


67e2143d.JPG ●初級中国語教室
■開催日:月4回・毎週金曜日(第5週は休講)
■時 間:19:00〜20:50(50分×2)
■費 用:4,000円/月(6ヶ月分前納・教材費は実費)
■内 容:日常の会話を中心に学びます。
■講 師:顧 紅英(久留米大学・大学院博士課程)

d97ccc37.JPG ●初級韓国語教室
■開催日:月4回・毎週土曜日(第5週は休講)
■時 間:9:30〜11:20(50分×2)
■費 用:4,000円/月(6ヶ月分前納・教材費は実費)
■内 容:日常の会話を中心に学びます。
■講 師:朴 龍圭(久留米大学・大学院博士課程)

26bbd74b.JPG ●はじめての韓国語教室
■開催日:月4回・毎週水曜日(第5週は休講)
■時 間:19:00〜20:50(50分×2)
■費 用:4,000円/月 (6ヶ月分前納・教材費は実費)
■内 容:基礎的な日常会話を学びます。
■講 師:安 淳花(九州日韓文化交流会文化部長・韓国語講師)

■募集人員;どの教室も8人(少人数学習)までとします。
■連絡先:特定非営利活動法人(NPO法人)東アジア交流学院・事務局
■住 所:〒830−0033 久留米市天神町116 永利ビル2−D
■TEL/FAX:0942−35−2849
■携 帯:090−3324−9540(田所)
■E-mail:higuetado@yahoo.co.jp 

  
Posted by easia at 01:53Comments(0)TrackBack(0)

March 16, 2007

韓国語教室「新年会」兼「朴さん祝賀会」

efe45bd6.JPG■韓国語教室「新年会」兼「朴さん祝賀会」
■2007,3,10(土)
今年も、春節に合わせて韓国語教室「新年会」を開催しました。今回は、講師の朴さんの大学院合格の祝賀会を兼ねて行いました。朴さん、合格おめでとう!

親睦会の時は韓国家庭料理の店「釜山」でしたが、今回は、朴さんの手作りのパクチェに、実家の特性のコチジャンを使ったトッポッキ、もちろん海鮮チヂミ、豚キムチチゲをみんなで作って楽しみました。

韓国語教室では、二度目の料理づくりですから皆さん手慣れてありますね。予定より早く乾杯(カンベ)をすることができました。(笑)

朴さん手作りのパクチェは、はじめて作ったにしては意外と・・・!?(失礼)美味しかったですよ。皆さんにも大変好評でした。意外に料理の才能があるかも知れませんね。

チヂミづくりは、一度にたくさん作ろうとしてホットプレートも使ったために、教室のブレーカーが何度も落ちて大変でした。(苦笑)

朴さんが大学院に合格したことをお祝いするはずなのに、いろんな料理を作っていただいてありがとうございました。また、四月からの韓国語教室の講師もよろしくお願いいたします。
  続きを読む
Posted by easia at 08:13Comments(0)TrackBack(0)

March 01, 2007

中国語教室「春節のつどい」(新年会)

a3c242bf.JPG ■中国語教室「春節のつどい」兼「新年会」
■2007,2,23(金)

今年も中国語教室の「春節のつどい」兼「新年会」を、開催することができた。今回は、講師の顧老師が春節の里帰りをされているので、臨時講師の郭さんと楽しむことになった。したがって、今回は水餃子の手作り教室はナシである。(残念!)

そのかわりに、いつもお世話になっている「上海夢飯店」からデリバリーすることにした。ちょっと冷めてしまうのは残念だが、温め直しても美味しいですよ。(笑)

時間に受け取りに行くと、マスターの楊さんが準備をして待っていてくれた。水餃子はもちろん焼き餃子もあるし、海老チリにチンジャオロウスウに鶏の唐揚げに焼きそばと豪勢だ。

最初は、もちろんビールで乾杯する。今回は青島ビールがないのが残念だが、紹興酒(シャオシンジュウ)を用意しておいたから十分かな・・・(苦笑)

いつものように、話が弾んで・・・特にお酒が入ると舌がなめらかになって、中国語の会話も弾みますね。結局、またビールを買いに行くことに・・・Fさん、ご苦労様でした。(笑)

そして、気が付けば・・・いつものように飲み過ぎた人が・・・(苦笑)
  続きを読む
Posted by easia at 00:11Comments(0)TrackBack(0)

February 15, 2007

はじめての韓国語教室 「料理教室」

b69761ee.JPG ■はじめての韓国語教室のはじめての「料理教室」
2007,2,14(水)

はじめての韓国語教室で、はじめての「料理教室」を開催しました。(笑)語学の習得だけでなく、料理や伝統芸術などの韓国文化に触れて楽しむことや、韓国の方々との交流を深めることも当学院の語学教室の特徴になっています。

つい先日は、大韓民国光州(コワンジョン)広域市からの忠壮(チュンジャン)芸術団の団員のホームスティも引き受けました。異文化交流は、イロイロと難しい面もありますが、教室の皆さんは、日頃の語学学習の成果を十二分に発揮されたようです。ほんとかなぁ〜・・・!(苦笑)

臨時講師の順子さん〈画像の左端の方〉の送別会を兼ねた「春節のつどい」です。順子さんには、ずいぶんいろいろとお世話になりました。送別会というのに、料理まで作っていただいてチョンマルヨ カムサハムニダです。おかしな韓国語で、ミアナムニダ。(笑)

今回の韓国料理の先生は「文 蓮實(ムン ヨンシル)」〈画像の右端に方〉さんです。つい先日福岡に来られたばかりですが、なぜか今までとても長くいらしたかのように、気さくにしかもエネルギッシュに活動されてある方です。

教室の皆さんたちと、チヂミやイカの和え物そしてキムチチゲを作りました。作り方を丁寧にやさしく、そしてとても親切に教えて頂きました。野菜の切り方から盛りつけの仕方まで、くわしく身振り手振りで時にはユーモアをまじえての楽しい指導でした。

料理のお味は、唐辛子がふんだんに使われていて、けっこう辛かったけどとても美味しい韓国料理を堪能させていただきました。文先生、順子先生、どうもありがとうございました。教室の生徒一同、感謝申しあげます。カムサハムニダ。

  続きを読む
Posted by easia at 21:51Comments(0)TrackBack(0)