August 23, 2008

シニアカレッジ「中国を学ぶ」

d77d360d.JPG

■2008,7,22(火)13:00〜

■シニアカレッジ「中国を学ぶ」

■テーマ;中国文化の馬頭琴と中国剪紙を体験する

■講 師;馬頭琴:ドランさん 中国剪紙:王文君さん

現在、えーるピア久留米においてシニアカレッジ講座の「中国を学ぶ」が開催されている。久留米市日中友好協会からの要請で、中国文化を知っていただくためにNPO法人東アジア交流学院から二人の講師を派遣した。前月の6月15日にも、中国と日本の古代交流の歴史を紹介するため、私も講師としておじゃまをさせていただいた。

今回は、中国の民間に伝わる文化の紹介として、内モンゴルフフホト出身のドランさんに馬頭琴演奏と王文君さんに中国剪紙の実演講習をしていただいた。

まずドランさんだが、彼女はモンゴル族の出身である。しかし、内モンゴルは現在中国の自治区となっているため、王静という中国名を持っている。日本の久留米大学に留学しているが、パスポートはもちろん中国名である。

彼女は、馬頭琴演奏の特技があるので、県内各地の小学校からの要請で馬頭琴の演奏会を行っている。それは日本の小学校2年生の教科書に「スーホーの白い馬」という教材があり、そこで馬頭琴が登場するからである。昨年度も久留米市内の7校の子どもたちと、馬頭琴演奏で交流を深めさせていただいた。

王文君さんの中国剪紙であるが、一般的には映画などで家のドアなどに「福」の字が逆さまに貼り付けてあるのをご存じだろうと思う。幸福が家に止まるようにとわざと逆さまにしてあるのだそうだ。

また、もともとはハサミで切ったものを「剪紙」といい、彫刻刀で切ったものを「刻紙」と呼んでいたのだが、現在はどちらも「剪紙(せんし)」と呼んでいる。彼女も幼い頃から母親に教えられて「剪紙」の魅力にとりつかれてしまったそうである。彼女の中国の古典に登場する美人画は、彼女が独自にデザインしたなんとも素晴らしいものである。

およそ30人ほどのシニアの方々に、中国文化に触れていただいた。大変有意義な講座であったと思う。


bfa00ec1.JPGはじめに私もモンゴルの民族衣装を着て、彼女や内モンゴルについての紹介をさせていただきました。民族衣装を着たからって、モンゴル人にはなれませんが・・・(笑)

5e11aeaa.JPG演奏曲目は、「お母さん」「スーホーの白い馬」などです。今回はシニアの方々なので、「荒城の月」を演奏して音色の違いを楽しんでいただきました。馬頭琴の演奏もなかなか聴けないですからね。また、馬頭琴についてもずいぶん物知りになられたのではないでしょうか。

3066dd14.JPGいくつかの作品を紹介した後に、王文君さんに中国剪紙の実演をしていただきました。皆さん身を乗り出して、真剣に見ておられます。もちろん、中国剪紙についての説明も行いましたよ。(苦笑)

0761ba15.JPG王さんの切り絵は、デザインナイフで切る「刻紙」ですが、現在では「剪紙」と呼ばれています。この後、シニアの皆さんにも実技をしていただきました。皆さんに挑戦していただいたのは、「双喜(そうき)」と呼ばれる字です。直線がほとんどですから、はじめての方にはぴったりです。


この記事へのトラックバックURL