October 24, 2006

久留米市日中友好通信 VOL.40

9391ea83.jpg★中国のお月見「中秋節」を祝う!★

==10月5日(木)・7日(土)光華楼前広場に於いて!==
旧暦の8月15日で十五夜の6日を前に、中国の伝統的お月見を再現した「くるめ中秋節」が5日夜、久留米市六ツ門町の光華楼前広場で行われました。東アジアの風習として十五夜での文化交流と街の活性化になればと、久留米福建同郷会などでつくる実行委員会(実行委員長・劉美春さん)が主催しました。

久留米市日中友好協会も協力し、当日は光華楼前に設けられた中国風の祭壇に、中嶋会長をはじめ数人が線香を供えました。5日の夜に中国の古楽器「古箏(こそう)」の演奏が、7日夜には「楊琴(ようきん)」の演奏や沖縄のエイサーが披露されました。

■ご案内(予定)
◎11月 1日(水) 福岡県日中友好協会理事会 13:30〜福岡市庁舎
◎11月11日・12日(土・日) くるめ農業まつり 9:00〜久留米リサーチ
◎11月11日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00〜久留米リサーチ
◎11月19日(日) 日中友好「柿狩り」 9:30〜 田主丸「高山果樹園」
8e3abd11.JPG中国のお月見「中秋節」で、祭壇に向かい「線香立て」の儀礼を行う、久留米市日中友好協会の中嶋会長です。

72812c77.JPG 周暁丹さんの楊琴(ようきん)の演奏です。軽快なテンポの素晴らしい音色で聴衆を魅了していました。彼女は、久留米市日中友好協会の30周年記念の「中国音楽の調べ」でも、趙国良さんの二胡(にこ)とデュエットで演奏してくれました。


この記事へのトラックバックURL