August 17, 2009

2009年7月 公開講座 その1

e7666669.JPG

■2009,7,26(日)

■テーマ;「偽満州国建国を考える」PART2 =偽満州国の実像を考察する=

●「満州帝国=偽満州国」とは何であったのか?

■講 師;梶村 晃さん NPO東アジア交流学院 九州・沖縄平和教育研究所

7月の公開講座は、先月6月の公開講座に引き続き「偽満州国建国を考える」をテーマに、梶村晃さんを招いて「満州帝国=偽満州国」とは何であったのか?という偽満州国の実像を考察してみた。

●要 旨;その1

一、満州侵略(侵攻)の目的

・満州は、「10万の生霊と20億の国幣(国庫金)によって購われた大地である。

生霊と国幣とは、日清・日露戦争での戦死者と軍事費にあたる。金子堅太郎(福岡)はハーバード大学でルーズベルトと同級生であった。その関係を利用して多額の国債をアメリカに引き受けてもらった。

だから、満州の権益を守るために満蒙を特殊地域として中国本土から分離し、そこに日本の排他的権益を認めさせる必要があった。そのため、第一次大戦中の1915年に袁世凱政権に対していわゆる「21カ条の要求」をおこなっている。

この要求をきっかけに、対日感情が悪化し1919年「五・四運動」以後、急速に中国民族運動、国家統合、国権回復が台頭してきた。特に、日本を満蒙から排除、排日する動きが活発化していく。

さらに、軍閥政治家で満州の統治者であった張作霖が、1928年に関東軍参謀の河本大作大佐の策謀で奉天近くの皇姑站で列車ごと爆破された。張は重体となり自動車で私邸に担ぎ込まれたが、まもなく死亡した。

このとき息子の張学良は側近たちの支持を取り付け奉天軍閥を掌握し、張作霖の支配地域を継承した。その後、張学良は対立する国民政府に合流して、晴天白日旗を揚げる易幟(えきし)をおこなった。このことで蒋介石から東北三省保安総司令官に任命され、独立状態を保つことに成功する。

・満蒙領有と国家改造

石原莞爾による「最終戦争論」が唱えられ、日米決戦に備え「総力戦」遂行体制構築が国家的課題となった。今後、軍隊だけでなく産業、物資、士気を投入するための国家改造を必要とした。

また、共産主義の浸透と武力侵攻というソ連の脅威に対抗する必要に迫られた。さらに、満蒙領有により朝鮮統治の安全が図られるというもくろみがあった。当時、上海には李承晩(イ・スンマン)の大韓民国臨時政府、吉林省には金日成(キム・イルソン)の朝鮮義勇軍が活動していた。

二、「満州」領有か独立国樹立か

関東軍は、占領した後日本の直接支配による植民地としての領有を考えていた。だが、政府は国際関係の中で独立国としての国家体制構築を目指した。そして、1932年3月9日清朝最後の溥儀(プーイ)が執政として、満州国が成立する。

しかし、これを嫌った溥儀が帝政をとなえ1934年3月1日、三度目の皇帝の地位に就くことになる。したがって、二年間は共和制だったことになる。「満州国」政府組織法でも、第4条に執政は全人民これを推挙す。とある。

それに対して満州帝国組織法では、第1条に満州帝国は皇帝これを統治す。帝位の継承は別に定むる所に依る。第2条、皇帝の尊厳は侵さるることなし。とあり、大日本帝国憲法とほぼ同じ内容になっている。

三、国際的な規制の存在と動き

ベルサイユ・ワシントン体制には、9カ国条約、4カ国条約、パリ不戦条約その他などがあり、日本の中国進出を牽制していた。だが当時、世界恐慌による経済恐慌からアメリカ、イギリスは脱出できずにいた。また、ソ連は5カ年計画達成に専念して、中立不干渉声明を出していた。

東北部を事実上支配していた張学良は、北平(北京)で病気療養中(アヘン治療)で不在だった。関東軍が満州への武力侵攻を決め,軍隊を終結させているときもいつもの軍事演習だと考え、なんら対策を講じていない。柳条湖事件が勃発すると、不抵抗を命じている。

四、国家形態

1932年9月15日調印された日満議定書により、日本は満州国を正式承認した。民族自決を標榜し独立国であるとし、共和制を採っている。当初の政府組織法と中華民国約法(1914年)とは類似性がある。また、帝政になった後の満州帝国組織法と大日本帝国憲法にはそれ以上の類似性がある。

1937年11月29日イタリアが、1938年5月12日ドイツが満州帝国を承認している。それが、1940年の「日・独・伊三国軍事同盟」へと発展していく一つのきっかけとなる。

 

  続きを読む

Posted by easia at 15:33Comments(0)TrackBack(1)

August 15, 2009

大韓民国忠壮藝術団招待公演

a3855180.JPG

■2009,8,14(金)

■日韓文化フェスティバル・大韓民国忠壮藝術団招待公演

■日 時;2009年8月22日(土) 開場18:00 開演18:30

■会 場;石橋文化センター・大ホール

■料 金;3,000円(税込み)

 ※先着500名様限定 ※大人2人につき子ども1人が無料に!

■主 催;九州日韓文化交流会

■協 賛;韓国家庭料理「百済」・NPO東アジア交流学院

今年二年ぶりに九州日韓文化交流会の主催で、大韓民国光州(コワンジュ)広域市・忠壮(チュンジャン)藝術団(団長;李炳浩=イビョンホ)久留米招待公演が、石橋文化センター・大ホールで開催される。

九州日韓文化交流会(理事長;趙承翼)は、日本と韓国の文化の架け橋として韓国語教室、韓国料理教室、各種講演会などをおこない、両国の新しい未来のビジョンを描きながら、積極的に相互理解と友情を深めることを目的に活動されているグループである。

今回も小学生から高校生までの子どもたちが、韓国伝統芸能の歌や踊りを披露してくれる。その中には、当然サムノリや伽耶琴(カヤグム)の演奏も盛り込まれている。

久留米では、韓国の伝統芸能を鑑賞する機会が少ないこともあり、NPO法人東アジア交流学院でも協賛後援することにしている。この公演を通して、日本と韓国が文字どおり近くて近い国であることを実感していただきたい。

■チケット販売・問い合わせ

●「百済」御井町店;久留米市御井町2440−1−2 ;0942−48−9939

●「百済」鳥栖店;鳥栖市神辺町87−1 ;0942−50−5985

●「百済」佐賀店;佐賀市大和町寺尼2500−1 ;0952−20−8585

●「百済」広川店;八女郡広川町大字新代22−1 ;0943−32−3080

●NPO東アジア交流学院;久留米市天神町116 ;0942−35−2849

 

 

  
Posted by easia at 11:44Comments(0)TrackBack(0)

August 07, 2009

久留米市日中友好通信VOL,87

a0d61535.jpg

■2009,8,1(土)

★志賀島で海水浴(久留米大学留学生会)!★

===久留米大学留学生会・総会に市日中からも参加!===

7月19日(日)、久留米大学留学生会は、休暇村「志賀島」で総会を開催し、日本文化体験「海水浴」を楽しみました。当日は貸切バス2台、100人をこえる留学生たちの参加がありました。

まず、11時から留学生総会が開催され、活動報告、活動計画、役員紹介などがありました。久留米市日中友好協会からも事務局長の山本、会計担当理事の平井が参加し連帯のあいさつを行いました。

昼食の後、みんな海岸に出て「海水浴」をする人たちをはじめ、写真を撮ったりボール遊びをしたりしました。また、「すいか割り」をして楽しい1日を過ごしました。

■ご案内(行事予定)

◎8月 8日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00〜 市情報サロン

◎9月 2日(水) 福岡県日中友好協会理事会 13:30〜 福岡市庁舎

◎9月12日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00〜 市情報サロン

◎9月27日(日) 市日中主催 平和講演会 13:00〜 サンライフ久留米

※久留米市日中友好協会のブログは、http://kjcfa.blog46.fc2.com/です。 

  続きを読む
Posted by easia at 07:05Comments(0)TrackBack(0)

August 01, 2009

韓国語教室1「大内さん送別会」

ac1fb4be.JPG

■2009,6、27(土)

■大内さん最後の韓国語教室

■NPO東アジア交流学院・久留米教室

6月最後の教室では、唯一の男性受講者である大内さんが最後の授業に参加された。彼は勤務する会社の合理化により、転勤されるのである。百年に一度の未曾有の不況とはいえ、企業の縮小・撤退が身近に感じられる出来事である。

つい先月、一緒に「幻の鉄の王国伽耶と新羅の旅」で韓国を訪れたことが思い出される。唯一の男性受講者である彼が、転勤とはいえ非常に残念なことである。彼自身も甲府への転勤を決断するまで、ずいぶんと逡巡したようである。

韓国語教室の授業もそこそこに、転勤で行く先の山梨県甲府の話で持ちきりとなった。先週に甲府を訪れ、住まいを決めて来られたと報告された。

  続きを読む
Posted by easia at 22:16Comments(0)TrackBack(0)