January 26, 2009

久留米市日中友好通信 VOL.81

942dda18.JPG

■2009,1,17(土)

★中国留学生学友会「春節のつどい」開催!★

===今年も中国留学生学友会主催「春節のつどい」に招待参加!===

新年があけた1月17日(土)に、久留米大学中国留学生学友会主催の「春節のつどい」が、久留米市御井校区コミュニティーセンターにおいて、「春節」(今年は26日)を前に開催されました。

久留米市日中友好協会からも理事など7人が招待され参加しました。また、中華人民共和国駐福岡総領事館からは、魏能涛(ウェイノンタオ)教育担当領事が出席されあいさつをいただきました。

このつどいは、久留米大学の中国人留学生たちが日頃お世話になっている地元御井町の方々にお礼をこめて開催されているものです。地元御井町からもたくさんの方が参加され、国際交流と国際理解を進める大変いい機会となっています。

今年も留学生たちの手作りの料理がたくさん準備され、美味しくいただきました。また、様々なアトラクションが行われて参加した皆さんは交流を深め、有意義な時間を楽しく過ごされていました。

■ご案内(予定)

◎2月14日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00〜 市情報サロン

◎2月18日(水) 福岡県日中友好協会理事会   13:30〜 福岡市庁舎

  続きを読む

Posted by easia at 15:44Comments(0)TrackBack(0)

January 12, 2009

大善寺玉垂宮「鬼夜」

b338aa7a.JPG

■2009,1,7(水)

■大善寺玉垂宮「鬼夜」視察

1月7日は、久留米市大善寺町宮本にある玉垂宮で、日本三大火祭りのひとつ「鬼夜」が行われる。今年三年ぶりに、NPO法人東アジア交流学院のみんなで見学に行くことになった。

この勇壮な火祭り「鬼夜」(国指定重要無形文化財)は、10数年前に清涼飲料水メーカーのCMに使用されたこともある。もちろんCMでは、「鬼夜」そのものでなく、祭りを再現して撮影されたものである。

この「鬼夜」は、およそ1600年前筑後地方一体を荒らし回っていた悪者(鬼)を、松明(たいまつ)をかざして捜し出して退治したという故事にもとづいた火祭りである。また、五穀豊穣や無病息災を祈願した祭りでもある。

悪者(鬼)を捜し出すための大松明は、直径1メートル、長さ13メートル、重さがおよそ1,2トンもある大きなものである。芯となる孟宗竹3本を笹でくるみ、さらにおよそ150本の真竹を巻き縄で縛り上げたものである。

今回の「鬼夜」視察には、日本人3人、中国人4人、韓国人7人が参加した。伝統行事による、NPO東アジア交流学院の文化交流事業である。

以前、私も氏子の一人として「鬼夜」に参加させていただいたことがあるが、外国人でなくても見学したことのない久留米人が結構いることに逆に驚かされてしまった。さて、見学した中国人・韓国人・久留米人の目にはどのように映ったのだろうか?

  続きを読む
Posted by easia at 12:50Comments(0)TrackBack(0)

January 11, 2009

はじめての韓国語教室 「ゲスト講座」

440393ce.JPG

■2009,1,6(火)

■はじめての韓国語教室「ゲスト講座」

2009年最初の韓国語教室は、水曜日の開講予定を変更して火曜日に行った。そのため、急きょゲスト講師授業となった。正月は新年会が多くて、講師の安先生の韓国家庭料理「百済」が忙しくて手が離せないとのこと・・・忙しいのはいいことだけど、教室の受講生の皆さんが待ってるよ(苦笑)

今回は、ソウル近郊にお住まいの崔(チュ)さん權(ゴン)さん夫妻である。ほとんど日本語を話せないお二人ですので、授業はすべてハングルで行われた。時々英語での説明が入ります。(笑)今回、受講生の皆さんたちは、かなり鍛われることになりましたね。

昨日まで韓国旅行をしていたTさんが、一手に質問を引き受けました。受講生の皆さんは、ヒアリングはかなり理解できるのですが、いざ話をするとなると言葉がなかなか出てこないんですよね。外国語を学習するのは、ここのところが一番大変なんです。

  続きを読む
Posted by easia at 10:30Comments(2)TrackBack(0)