October 05, 2007

2007年10月 公開講座のご案内

c44ac4fc.JPG ■2007,10,5(金)
===公開講座(10月)のご案内=== 

9月の公開講座では、「倭国王・筑紫の君 磐井(イワイ)」part1と題して、日本書紀にある「磐井の乱」の記述を中心に、筑紫の君 磐井の実像を探る検証を行いました。また、継体紀(男大迹=オオド)にある「後に勘校えむ者ぞ知りなむ」の記述の謎を明らかにしました。

さて、10月公開講座は、古墳の被葬者が唯一特定される岩戸山古墳=磐井の墳墓を中心に「筑紫の君 磐井」の本拠地と考えられる久留米市南部から八女丘陵にかけてフィールドワークを実施します。多くの方のご参加をお待ち致します。

■日 時;2007年10月28日(日) 8:30〜出発
■集 合;NPO法人東アジア交流学院久留米事務所
■テーマ;「倭国王・筑紫の君 磐井(イワイ)」part2
=筑紫の君 磐井の実像を探る=
■講 師;田所寛和 NPO法人東アジア交流学院副学院長
■参加費;4,000円(資料代・昼食代を含む)
■募 集;20人
■コース;
久留米〜御塚・権現塚〜大善寺玉垂宮〜こふんピア広川(資料館・石人山古墳・弘化谷古墳)〜岩戸山古墳・資料館〜童男山古墳〜久留米16:00帰着予定
■問い合わせ;事務局:0942−35−2849 携帯:090−3324−9540

※フィールドワークへの参加は、会員以外の方でもご参加いただけます。ご友人、知人をお誘いいただき、ぜひご参加ください。  

Posted by easia at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

October 01, 2007

中国・連雲港古代交流史の旅 その10

01ed6f53.jpg■2007,8,21(火)
===世界最速431km!リニアモーターカーに乗る!===

昨日は、古代交流史の旅最後の夜を、蘇州の夜店街を見て回って楽しんだ。実は、私だけ旅行社への支払いのためにホテルに残ることに・・・だが、金額が多すぎて換銭(ファンチェン)を断られてしまった。それで、蘇州飯店をチェックアウトして、午前中に銀行に寄り換銭することに・・・こんなことなら、昨夜みんなと一緒に出かけるんだった!(泣)

今日は、中国の旅最終日である。上海に移動して、初日に乗る予定だった世界初の実用リニアとして世界最速のリニアモーターカー(世界初だから当たり前!)で、上海浦東国際空港に向かう。初日に乗れなかったので、みんなワクワクして期待大である。帰りの飛行機にはまだ時間があるので、上海博物館を訪ねることにする。今回は、買い物の時間をあまり取らなかったなぁ。

上海博物館には、中国古代からのさまざまな遺物が展示されているが、その中でも青銅器時代から鉄器時代初期の青銅器の芸術品は素晴らしいものである。上海博物館の見学をする前に、昼食の時間になった・・・予定では広東料理のはずだったが、四川料理に変更になった。最後までスケジュール通りに行かない、古代交流史の旅であった。(苦笑)  続きを読む
Posted by easia at 00:15Comments(0)TrackBack(0)