October 31, 2006

2006年10月 公開講座(フィールドワーク)その2

823178be.JPG ■テーマ:「徐福の足跡をたずねて」PART2 方士「徐福」の痕跡を探る
■講 師:内倉 武久 NPO法人東アジア交流学院学院長
■場 所:諸富町浮盃(ぶばい)・新北(にきた)神社〜瀬高町こうやの宮・その他

今を去ること2,225年前の紀元前219年、現在の山東省に徐福という学者がいた、仙術、医法、天文に長けた人である。巡遊中の秦の始皇帝に面会し、東方海上に蓬莱、方丈、瀛州という島があり、そこに住む仙人は不老不死の薬草を持っている。会って薬をもらってきたいと申し出た。

ようやく天下を統一した始皇帝の最大の願いは「不老不死」。水銀入りの高価な保健剤を飲んで、なんとか長生きを、もくろんでいた。が、手が震え、言葉がうまく出なくなってきた。水銀の毒にあたったのだ。

童男、童女、さまざまな技術者3千人、五穀の種や道具を乗せた大船団を組んで、山東半島付け根の連雲港などから出発、日本列島へ。失敗したが翌年にまた出発。帰ってこなかった。徐福一行の派遣、長城の建設、自らの墳墓づくりという国を傾けた大事業に人々の恨みは募り、水銀中毒で死んだ始皇帝の死後、秦はあっさり滅んだ。

「富士古文書」によれば、徐福一行は、日本列島のあちこちで仙人探し、薬草探しをしたらしいが、ないものはない。帰国せず「平原広沢を得て王になった」と。

列島各地に徐福伝説が息づいている。今回は、徐福一行が上陸した場所であるという佐賀県諸富町の船着き場、無事到着を記念して植樹したという新北(にきた)神社境内、「平原広沢の地」である可能性もある福岡県山門郡瀬高町一帯などを探訪する。

この地に留まったのは、徐福の三男坊とか。(2006,10,22 内倉武久)

これまでの学習を通して、徐福一行が日本列島に来たのは間違いのない事実であると考える。しかし、各地に残る伝承と「富士古文書」意外に彼らの渡来を示す物がない。いや、意図的に消されていると考えるべきだろう。

なぜ、消されたのか?私たちは、新北(にきた)神社をあとに、「平原広沢の地」である可能性のある山門郡瀬高町で、消された徐福一行の痕跡を探るために「こうやの宮」へと向かった。

▲画像
○瀬高町指定民族文化財 「こうやの宮」の七支刀を持つ神像
○指 定:昭和56年(1981年)2月23日
○所在地:瀬高町大字太神字鬼木ノ2 1678−2

先祖代々より「こうやの宮」といわれて、氏神として祀り続けられている祠がある。その祠には、五つのご神体が安置されている。ご神体は異国風の服を着て、男神は「七支刀」を奉持、女神は鏡を奉持している。左端がカッパの像である。

「七支刀」とは、現在奈良県天理市にある石上(いそのかみ)神宮に国宝として保存されている鉄鉾のことである。全長75糎で刀身の左右に三本づつ枝刃が出て、刀身の先端を加えて「七支刀」といわれている。

その刀身の表裏には60余文字の銘文が金象嵌されていて、その銘文は腐食のために完全には解読できない。「七支刀」は倭国の王に贈られたというが、中国の皇帝からか朝鮮の百済王からかどちらかわからない。

「こうやの宮」の祭神は、久留米市高良大社所蔵の天慶神名帳(941年・天慶四年)に記載されている「磯上物部神(いそのかみもののべのかみ)」である。祭礼日は、10月19日である。(瀬高町指定民族文化財資料より抜粋)

私たちは、地元氏子の方たちに出迎えを受けて、「こうやの宮」のご神体を見せていただいた。  続きを読む

Posted by easia at 23:56Comments(1)TrackBack(0)

October 25, 2006

2006年10月 公開講座(フィールドワーク)その1

160ef453.JPG ■テーマ:「徐福の足跡をたずねて」PART2 方士「徐福」の痕跡を探る
■講 師:内倉 武久 NPO法人東アジア交流学院学院長
■場 所:諸富町浮盃(ぶばい)・新北(にきた)神社〜瀬高町こうやの宮・その他

9月の宇田明男さんの講座を受けて、今月の公開講座は「徐福の足跡をたずねて」PART2、方士「徐福」の痕跡を探ると題してのフィールドワークである。22日(日)、私たちは朝8:30に事務所に集合して、「徐福」の痕跡を探るためにマイクロバスに乗り込んだ。

まず、徐福が上陸したとされる諸富町浮盃(ぶばい)をめざして、筑後川の右岸を進んだ。浮盃(ぶばい)とは、徐福一行が上陸地点を探すために有明海に朱色の大盃を浮かべて潮の流れをよみ、その盃が流れ着いた場所から上陸したと言われている場所である。

現在その場所は、すでに廃線になった鉄道の大川昇降橋から南西に行ったところにある。筑後川が早津江方面に川筋が分かれるところである。付近は漁船の船溜まりになっている。

えっ!ここが徐福の上陸地点?と、思ったが、徐福一行が上陸したのは今からおよそ2200年前であるから、当時とは地形も海岸線もまったく変わっているのは当然である。

当時、上陸した徐福一行は、一面の葦原を掻き分けて進んだので、その葦の片側の葉が落ちてしまった。そして、このあたりの葦は片一方にだけしか葉が付いていないため「片葉の葦」と呼ばれている。また、落ちた葉は筑後川にしか生息しない「エツ」と呼ばれる魚になった。・・・との伝説がある。

私たちは当時の海岸線を研究していくことにより、徐福一行の上陸地点やその他の関係地点の関連を、さらに解明できるのではないかと考えている。

上陸地点の浮盃(ぶばい)をあとに、徐福が上陸記念に植えたといわれる「ビャクシン」がある新北(にきた)神社に向かった。上陸地点の浮盃からは、車で5分とかからない近さである。  続きを読む
Posted by easia at 00:58Comments(0)TrackBack(0)

October 24, 2006

久留米市日中友好通信 VOL.40

9391ea83.jpg★中国のお月見「中秋節」を祝う!★

==10月5日(木)・7日(土)光華楼前広場に於いて!==
旧暦の8月15日で十五夜の6日を前に、中国の伝統的お月見を再現した「くるめ中秋節」が5日夜、久留米市六ツ門町の光華楼前広場で行われました。東アジアの風習として十五夜での文化交流と街の活性化になればと、久留米福建同郷会などでつくる実行委員会(実行委員長・劉美春さん)が主催しました。

久留米市日中友好協会も協力し、当日は光華楼前に設けられた中国風の祭壇に、中嶋会長をはじめ数人が線香を供えました。5日の夜に中国の古楽器「古箏(こそう)」の演奏が、7日夜には「楊琴(ようきん)」の演奏や沖縄のエイサーが披露されました。

■ご案内(予定)
◎11月 1日(水) 福岡県日中友好協会理事会 13:30〜福岡市庁舎
◎11月11日・12日(土・日) くるめ農業まつり 9:00〜久留米リサーチ
◎11月11日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00〜久留米リサーチ
◎11月19日(日) 日中友好「柿狩り」 9:30〜 田主丸「高山果樹園」   続きを読む
Posted by easia at 22:29Comments(0)TrackBack(0)

October 16, 2006

韓国語教室 親睦会

ed5dced0.JPG 10月7日(土)、いつもの教室の開始時間を16:00にして、学習をしたあとに韓国語教室の皆さんで親睦会を行いました。場所は、文化街にある韓国家庭料理の店「釜山」です。

●韓国家庭料理の店「釜山」の紹介                     釜山出身の洪(ホウ)ハルモニがオーナーです。久留米市の文化街(明治通りの甘栗屋さんから、北へ50mほど入ったところ)にあります。全体的に韓国料理のイメージほど辛くはありません。もちろん辛いのもありますが・・・(笑)カリッとこんがりに焼かれたチヂミが、とてもおいしいお店です。人気がありますから、団体の場合は平日でも予約した方がいいですよ。     電話:0942−38−6430です。

土曜日の韓国語教室は、久留米大学の留学生の朴(パク)先生を中心に和気あいあいと学習に励んであります。先日の韓国・釜山交流の旅では、受講生のお一人が釜山外国語大学での交流のさいに、見事な韓国語であいさつをされ喝采をあびました。

毎週土曜日、9:30〜11:20まで、50分×2の時間で学習しています。月4回で、月額:4,000円です。韓国語を話せるようになりたい方は、ぜひお出かけ下さい。

■韓国語教室のお問い合わせ
住所:NPO法人東アジア交流学院 久留米市天神町116永利ビル2−D
TEL/FAX:0942−35−2849 携帯:090−3324−9540(田所)まで

  続きを読む
Posted by easia at 21:16Comments(0)TrackBack(0)

October 15, 2006

金継ぎ工芸会 作品展

c04e4042.JPG

10月11日(水)〜15日(日)までの五日間、久留米市石橋文化センター・市民ギャラリー「みゅーず」に於いて、金継ぎ工芸会・久留米「金継ぎ」教室の作品展が行われました。

毎週、木曜日(14:00〜16:00)と日曜日(15:00〜17:00)に行われている「金継ぎ」教室で学ばれてある方たちの作品展です。

■「金継ぎ」とは?
陶磁器などの割れや破損を漆で継いで、その上に金粉や銀粉で蒔き、再生する工芸技術です。「金継ぎ工芸会」では、古来から伝わる伝統を受け継ぎながら、本格的な「金継ぎ」の技術を楽しみながら学びます。

■「金継ぎ」の発祥は?
「茶の湯」が盛んになった室町時代(14世紀〜16世紀)にさかのぼるといわれます。「金継ぎ」で縫った所を景色と呼び、美的に優れたものとする”侘びさび”の心や日本人のモノを大切にあつかい再生させる精神は、日本文化のすばらしさといえるでしょう。さらに、「金継ぎ」では、直しのあとに蒔絵をほどこしたりと、伝統技術を学ぶとともに創作の楽しさにあふれています。

■「金継ぎ」を楽しみながら学びましょう
高価な貴重品ばかりではなく、人にはそれぞれかけがえのない品があります。それが壊れた場合、何とか直したいという思いに応えてくれるのが「金継ぎ」です。

思い出の品や愛着ある陶磁器や道具類などを直したいと、たくさんの会員の方々が楽しみながら学んでいます。さらに、「金継ぎ」を学ぶことで、漆塗りや蒔絵をはじめ日本の伝統文化に触れながら楽しさが広がります。

■入会お申込・見学のお問い合わせは?
金継ぎ工芸会・本部
住所:福岡市中央区渡辺通5−25−15チサン天神ビル208号
TEL:092−732−6632 FAX:092−401−2002

  続きを読む
Posted by easia at 20:35Comments(0)TrackBack(0)

October 14, 2006

久留米市日中友好通信 VOL.39

4eefe7b9.JPG ★久留米市日中友好協会、久留米市ふるさと市民賞を受賞!★
=9月30日(土)ホテルニュープラザに於いて!=

2006年度久留米市ふるさと市民賞の表彰式が9月30日(月)、久留米市六ツ門町のホテルニュープラザで行われました。社会福祉や教育、文化、消防などの分野で地域に貢献した26人と3団体が表彰されました。久留米市日中友好協会は団体の部で、日中の友好交流や留学生への支援活動が評価されて受賞しました。

式典で江藤守国市長は、「地方分権が進み都市づくりには市民と行政の協働が求められている。皆さんが地域のリーダーとして、ますます活躍されることを期待します。」と、あいさつされました。

久留米市ふるさと市民賞の表彰は年に一度です。久留米市日中友好協会として、団体での表彰は初めてです。

■ご案内(予定)
◎11月 1日(水) 福岡県日中友好協会理事会 13:30 福岡市庁舎
◎11月11・12日(土・日) くるめ農業まつり 9:00 久留米リサーチセンター
◎11月11日(土) 久留米市日中友好協会理事会 10:00 同上
◎11月19日(日) 日中友好「柿狩り」      9:30 田主丸「高山果樹園」  
Posted by easia at 19:36Comments(0)TrackBack(0)

October 04, 2006

2006年10月 公開講座のご案内

68aa1493.JPG 9月の公開講座では、日本各地に伝説として伝えられている方士「徐福」について学習を行いました。

宇田明男さんの研究は、伝説として伝えられている方士「徐福」がどのような痕跡を残しているのかを様々な遺跡や遺物から検証されました。詳細は、9月公開講座をご覧下さい。

今回のフィールドワークでは、その遺跡や遺物を訪ねて、その検証の確認を行います。実際に現場で確認して、検証の結果を交流してみましょう。

ぜひ、多くの方のご参加をお待ち致します。


■1.集合日時:2006年10月22日(日) 8:30〜 すぐに出発します。

■2.集合場所:NPO法人東アジア交流学院 久留米事務所
       久留米市天神町116 永利ビル2−D

■3.内容及び行程:「徐福の痕跡をたどる」part2
諸富町浮盃の徐福上陸の地〜新北神社〜瀬高町車場古墳(前方後円墳)〜堤古墳群〜権現塚古墳(円墳)〜高野の宮〜釣殿宮〜太神神社〜若宮神社〜八女市八女津姫神社または童男山古墳 など 16:00事務所帰着・解散

■4.講師:内倉 武久 NPO東アジア交流学院学院長

■5.参加費:5,000円(豪華昼食お弁当・お茶込み)

■6.問い合わせ:
   事務局:0942−35−2849
   携帯:090−3324−9540(田所)
   または、このブログのコメントをご利用下さい。

※今回の「徐福の足跡をたどる」part2は、フィールドワークです。歩きやすい服装でご参加下さい。ご一緒に方士「徐福」の痕跡を探りましょう。

  
Posted by easia at 23:58Comments(0)TrackBack(0)