December 23, 2005

1月公開講座のご案内

 1月公開講座のご案内  

 昨年11月の公開講座は、神武のふるさとと考えられる前原・糸島一帯のフィールドワークを行いました。 久留米、太宰府や遠く平戸などから合わせて19人の参加があり、記紀に書かれている神武の兄弟にかかわる神社や史跡を訪ねました。神話だとして片付けられていた神武の足跡が、現代の前原・糸島周辺にたくさんあることを実感したフィールドワークで、参加者も驚きの連続でした。 

 さて、2006年最初の公開講座は、NPO東アジア交流学院の韓国語教室で講師をしている「崔 成基」 (チェ ソンギ)さんです。彼は久留米大学日本語別科の留学生で,一年間の語学留学を終えて帰国されます。その彼に、日本(久留米)に留学して感じたことや考えたことを語っていただこうと思います。彼が留学前に思っていた日本のイメージは、この一年でどのようになったのでしょうか?

 かつて日本は、朝鮮半島を植民地として支配していた歴史があります。現在も中学高校教科書の歴史記述に関する問題、小泉首相の靖国神社参拝や発言が外交問題に発展し、竹島(韓国名 独島ドクト)の領有権をめぐる問題も両国の国民感情を悪化させています。 しかし私たち東アジア交流学院では、そのような国家レベルの問題をこえて個人と個人が交流を通して、お互いに理解を深めて友好関係を築いて行こうと考えています。 

 会員の方はもちろん、多くの友人を誘ってご参加ください。

 なお、公開講座終了後、「崔 成基」(チェ ソンギ)さんの送別会(食事会)を予定しています。こちらへの参加もお願いします。

 ○日 時  2006年1月22日(日) 10:00〜

 ○場 所  NPO東アジア交流学院 事務所       

        久留米市天神町116 2−D

        TEL/FAX 0942−35−2849

        Emeil higuetado@yahoo.co.jp

 ○講 師  「崔 成基」(チェ ソンギ)さん 久留米大学日本語別科留学生

 ○内 容  日本(久留米)に留学して 感じたこと考えたこと

 ○参加費  会員は無料 会員外は500円

  

Posted by easia at 13:33Comments(0)TrackBack(0)

December 17, 2005

韓国語教室 忘年会

6c21f17f.JPG

 今年の5月から始まった韓国語教室の忘年会を、12月18日の日曜日に開催しました。全部で10人の参加がありました。夏に行った、宋君の送別会を兼ねた筑後川水天宮花火大会の見学バーベキュウに続いて、二回目の親睦会です。

 今回の忘年会では、講師の朴君と崔君が、キムチチゲとキムチチヂミをごちそうしてくれました。彼らは教室の生徒さんと夕方から買い出しをして、夜の忘年会の準備をしてくれたのです。どうもありがとう。ご苦労様でした。

 韓国語を学んで、韓国の留学生と交流して、韓国の食を頂いて、韓国の文化に触れてと私たちにとって盛りだくさんの忘年会となりました。もちろん彼らにも日本の文化に触れて、日本人の生活や考え方も理解できた忘年会でした。

 要するに、酒を酌み交わしながらお互いに深く知り合えたのでした。やはり飲み会は必要ですね。笑



2366cc66.JPGできあがったキムチチゲ。見るからに辛そう・・・だけどホントおいしそうでしょ。実際に辛くておいしかったよぉ〜!教室の中はキムチの香りで充満してたなぁ・・・



d8cd7544.JPGまずは、全員ビールで「乾杯!」 ついに忘年会が始まった。いや、未成年者は、当然お茶で乾杯しました。当たり前だよね。さあ飲むぞ!笑

bda9bde7.JPG食事が一段落してお腹虫が落ち着くと、いろんな話の輪ができて、あちこちでそれぞれ勝手な話に熱中してます。まだ、マッカリが残ってるよ。笑

51efb4e3.JPG料理人の朴君は、N・Mさんにまじめな顔で何かを熱く語っています。何を話しているのかな?



907110e3.JPG朴君の話に、崔君は何かツッコミを入れてます。何を反論してるのかな?お隣のY・Mさんも何か言いたそうですね。こりゃぁ、大変なことになる!と、思ったら・・・ただの料理談義でした。笑

a199772b.JPG崔くんとY・Mさん。あれっ!とても笑顔が素敵ですね。ちょっとブリッコしてるのかな?あっ!いや!失礼しました。ごめんね。笑 

少し離れたところで、M・OさんとE・Nさんが話に熱中しています。きっと、韓国語のことでしょうね。



76605fa2.JPGおやっ?韓国語教室には関係ない人が・・・飲み会と聞きつけてやってきましたね。もしかして、一番飲んでるんじゃ・・・ビールにマッカリに日本酒、それにワインも・・・?えっ!翌日は、二日酔いで大変だった!そりゃ当然!爆笑

  
Posted by easia at 00:09Comments(0)TrackBack(0)

December 16, 2005

クラスマッチ

e8ebff67.JPG

私の勤務する中学校で、9日バレーボールのクラスマッチがあった。体育の授業で取り組んだ成果をはかるための、学校行事である。

私の受け持っているクラスは、男子が準優勝、女子は5位(全6クラス)だった。

まさか、男子が準優勝するとは思ってなかったので、大変な約束(約束の内容は秘密)をしてしまった。何かがかかると子どもたちは、すごい力を発揮するもんだなぁ〜・・・笑

それはさておき、一生懸命頑張った子どもたちの姿を紹介したい。

45cfe1cd.JPG
女子の応援は、一糸乱れずかけ声と手拍子で・・・まとまってます!

3a1f618c.JPG
試合前の練習も、全員が輪になってトスを上げます。とにかく、張り切ってます。

8d5ee89b.JPG
試合となると、ボールを追う瞳も真剣そのもの!ホント、怖いくらい!笑

843c4026.JPG
試合が終われば、さわやかに挨拶を交わします。清々しくていいですねぇ!

b1943181.JPG
男子も、ボールを追う目は真剣だ!頑張ってるなぁ〜・・・

aa237a80.JPG
女子の応援のように手拍子はないげど、試合行方を見つめる姿は気合いが入ってるよなぁ〜・・・笑

  
Posted by easia at 06:48Comments(0)TrackBack(0)

December 15, 2005

中国語教室 忘年会

d26b172a.JPG

中国語教室とNPO東アジア交流学院との合同忘年会を12月9日(金)に、百姓パブはかた家族において実施しました。当日は、中国語教室で学習している皆さんと、東アジア交流学院会員の9人が参加しました。残念ながら直前に参加できなくなったお二人には、1月の新年会でお会いしましょう。参加者は毎月の公開講座でも会っている、気心が知れた仲間です。

いつも話している仲間ですが、飲み会となると・・・いつもより話が弾むんだよね。今年一年を振り返って、いろんなことを話したなぁ〜・・・

中国語教室の講師を引き受けてくれた顧さんは、東アジア交流学院との出会いを語ってくれました。教室に通っている坂田さんと桑山さんも、楽しく中国語を学べたことを語ってくれました。東アジア(日本・中国・韓国)の古代交流についても話が尽きませんでした。

一次会の予定時間をオーバーしても話足りなくて、二次会はカラオケに行きました。カラオケでは、話よりも歌うことに熱中してましたね。笑



227fcae2.JPG話してる内容はともかく・・・とにかく話題には事欠かない!しかも、語り出したら止まらないんだよねぇ〜笑

bf7a883c.JPG話し出したら止まらない!歌い出しても止まらない!しょうがない・・・笑  
Posted by easia at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

December 08, 2005

留学生との「柿狩り」交流

bbf9d59a.JPG

久留米市日中友好協会の「柿狩り」に参加して

 今年も、久留米市日中友好協会が主催する、留学生を招待した「柿狩り」に参加した。久留米大学に集合して、田主丸の高山果樹園に向けて出発した。昨年は、大学側の連絡ミスで貸し切りバスがなく、日中で準備したマイクロバスと会員の車で送迎したが・・・

 今年は、なんと!大型の貸し切りバスが2台も用意してあった!!

 高山果樹園は、昨年もお世話になったところである。柿も大きくておいしい。参加した留学生たちも、広い果樹園を少しでも大きくておいしそうな柿を探して走り回っている。(もちろん、本当に走ったら危ない!笑)

 留学生の子どもの参加もあった。脚立に登って、高いところの柿を狙っている。こんな留学生の子どもたちが、これから増えていくんだろうなぁ・・・久留米市内の小学校に通っているとのことだったが、来日して3年目ということもあって日本語も達者だ!

 今回から、久留米ゼミナールの留学生も参加している。久留米に関係する教育機関に留学している中国人や韓国人は多く、西鉄久留米駅周辺では、中国語や韓国語をよく耳にするようになった。NPO法人東アジア交流学院の事務所も駅近くにあり、留学している彼らとの交流を増やしていこうと考えた。

 柿狩りのあとは、恒例のバーベキュウである。みんなで食べれば、何でもおいしい!昨年は、送迎をしなければならなかったので飲めなかったが、今年は運転を気にする必要がない。食べるより飲む方に、一生懸命になってしまった。笑

 久留米に留学している彼らは、自分の目的を達成して故郷に戻ったり、この国に残って生活の場にしていくかも知れない。その彼らが日本に留学してためになった、楽しかったと思ってもらえることが、これからのお互いの友好関係を築いて行くことになるんだと思えた。



b8513f48.JPG留学生の女の子たちは、脚立に乗って少しでも大きい柿を探して大騒ぎです。ホントに楽しそうに、柿狩りを楽しんでるね。

c11ef510.JPG参加していた留学生の子どもの小学生も、脚立に乗って高いところの柿を取っていた。「僕が一番大きいのを取るんだ!」と言ってるようだなぁ。

43e0a11c.JPG楽しそうな留学生の二人。二人とも中国内モンゴルの出身だそうです。見るからに羨ましい二人ですねぇ。若いって良いですよねぇ〜・・・ホントに!

注:勝手に、思いこんでるだけです。たまたま一緒に写しただけです。あしからず。だけど、そう思っても不思議じゃないでしょ!笑 

  
Posted by easia at 00:36Comments(0)TrackBack(0)