May 11, 2005

久留米市日本中国友好協会

この会は、日中両国人民の相互理解を深め、世界の進歩と平和に貢献することを目的として、1975年に設立されました。現在久留米市を中心に人事交流および文化、芸術、技術、経済、教育、体育などの各分野にわたる交流を行っています。

2005年現在 会長:中嶋道生(なかしま みちおみ) 事務局長:山本 悟


【 久留米市日本中国友好協会規約 】

(名称ならびに事務所所在地)
第1条  この会は、久留米市日本中国友好協会とよび、事務局を久留米市におく。
第2条  この会は、久留米市とその周辺市町村に居住または勤務し、会に登録する日本中国友好協会の会員で構成する。

(目  的)
第3条  この会は、日中両国人民の相互理解を深め、世界の進歩と平和に貢献することを目的とする。

(活動および事業)
第4条  この会は、前条の目的を達成するために次の活動および事業を行う。
1. 中国事情と文化の研究の紹介
2. 日本事情と文化の中国への紹介
3. 人事交流および文化、芸術、技術、経済、教育、体育などの各分野にわたる交流の促進
4. 日中友好に対するすべての障害を排除する活動
5. 在日華僑との提携
6. 中国よりの帰国者に対する支援事業
7. その他の目的達成に必要な事項

(会  員)
第5条  この会の目的、規約に賛成し、入会金、会費を納める個人を会員とする。会員はこの会の諸機関に対して発議し役員を選び、選ばれることができる。会員は機関誌を購読するものとする。
また、必要に応じ、法人会員・協力会員を認める。法人代表者の権利は一般会員と同等である。

(機  関)
第6条  この会に次の機関をおく。
(1) 総会 総会は会の最高機関であって年1回開く。総会は会長が招集し、会員全員で構成する。
(2) 理事会 理事会は会の日常業務を議決執行する機関で、理事および会長、副会長、事務局長、事務局次長を以て構成する。理事会は定例会議とし、会長が招集する。

(役  員)
第7条  この会に次の役員をおく。
    ○会  長    1名     ○副 会 長   若干名
    ○事務局長    1名     ○事務局次長   若干名
    ○理  事   若干名     ○会計監査     2名
第8条  この会は必要に応じ顧問をおくことができる。

( 班 )
第9条  地域または工場、事務所、官庁、学校および自主団体などに会員が3名以上いるときは班をおくことができる。

(会  計)
第10条 この会の経費は、会費、活動収入および補助金、寄付金でまかなう。
第11条 個人会費は月額800円、ただし同一家族内に会員が2名以上ある場合、2人目から会費は月額400円とする。また、法人・顧問は年間30.000円とする。協力会員の会費は理事会で協議し決定する。
第12条 この会の予算、決算は総会の承認を得なければならない。
第13条 会員が次の何れかに該当したときは、会員資格を喪失することがある。
1, 理由なく会費を1年以上にわたって納入しなかった時。
2, 会の名誉を著しく毀損した時。
第14条 この規約の改廃は総会で行うが、出席構成員の3分の2以上の同意を必要とする。
第15条 この会の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。
  

Posted by easia at 16:53Comments(0)TrackBack(0)